ヒンドゥー教の祭典で銃が暴発して自分の頭部を撃った警官。

ヒンドゥー教の祭典で銃が暴発して自分の頭部を撃った警官。
インド北部でヒンドゥー教の祭典を祝っている時に、警官が銃を取り出したが、その時に銃が暴発して自分の頭部を撃ったようです。 警官は銃を修復しようとしたようです。